TOP個人情報保護方針
蓄電池(家庭用)、家庭用蓄電池システムの株式会社フロンティアオーズ 03-5540-4370

yjimage.jpeg

蓄電池ENEBOX動画情報こちら
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

Q:バッテリーは何を使用していますか?

A:『ENEBOX』は耐久性と品質にこだわり、航空機搭載にて歴史の長いコンコルド社のバッテリを採用しています。容器から水素ガスが出ない構造となっており、通常の鉛バッテリのように水分の補充といったメンテナンスは必要ありません。

Q:バッテリの充電に必要な時間はどれくらいですか?

A:システムにより変化しますが3〜24時間

Q:無停電システムの電源を切っているとき、バッテリーは放電しますか?

A:1ヶ月で1%の自己放電率です。満充電の状態であれば3年近く持ちます。

Q:パソコン等の精密機器に使用できますか?

A:upsの様に5分間だけではなく、長時間使用可能。しかも、UPSよりも速い4msで切り替わります。

Q:医療機器に使用できますか?

A:インバーターから出力されるのは、商用電源と同じ正弦波となっております。医療機器や計測器、マイコン制御の家電にも使用できます。

Q:寿命年数がきたら丸ごと交換?買い直し?

A:バッテリー交換をすれば引き続き使用することができます。また再生可能バッテリーとなっています。または部品交換でも引き続き使用することができるためメンテナンス費用も削減できます。

Q:インバーター出力は変更できますか?

A:仕様変更は可能です。別途掛かります。ご相談ください。

Q:リチウム蓄電池とは、どこが違うのですか?

A:安全性と持久力です。

Q:蓄電池の寿命はどれくらいですか?

A:使用方法によって様々です。『ENEBOX』は満充電を8時間として、充放電回数は3000回です。期待寿命はおよそ10年間です。

Q:使用中の騒音は大丈夫ですか?

A:エアコンの室外機よりも静かですので、深夜でも気になりません。約30db(図書館程の騒音)

Q:操作や取り付け工事は必要ですか

A:設置後に操作する必要はありません。設置時に放電時間・充電時間の設定を行うだけです。基本的に全自動供給になります。設置工事も基本的に必要ありません。

Q:非常時に電気が使えるって本当ですか?

A:本当です。蓄電池に電力をためて使用できます。またソーラーパネルと併用して自家発電も可能です。

蓄電池を選ぶポイント

1,室内に置けるか

蓄電池はバッテリー容量により大きさが違います。
日常的に使う場合や非常用で使用する場合でもまずは自分の部屋や家に置いても問題がないかどうか、大きさを確認しましょう。一般的に蓄えられる電力が大きくなればなるほど、外形も大きくなります。バッテリーの性能により高さが2Mで重量が700キロというサイズもあります。非常用として使用する場合は倉庫やクローゼットに収納する方が多いですが、常時使用を検討している方は設置場所は選ぶポイントになります。

2,どんな製品に使えるか

使用できる電化製品に限りがあります。
商品によっては使用できる電化製品に限りがあります。たとえば容量の小さい蓄電池では消費電力の高いエアコンや電子レンジには対応できなかったり、周波数によっては精密な機器に使用できなかったり壊してしまう場合もあります。出力波計は完全正弦波を選ぶ事がよいかと思います。家電、生命維持装置など使用する機器との相性は蓄電池を選ぶポイントです。

3,安全性はどうか

室内で使用する場合は重要
蓄電池のバッテリーにはガスを発生するタイプと、製法より有害ガスの発生を極限まで抑えたタイプがあります。一般的な車のバッテリーは有害ガスが発生する問題があり車内には設置はできないタイプが多いです。バッテリーの種類により発火や爆発の恐れが強い非常に危険な種類もあります。蓄電池を屋内に置いて使用することが多い方は、購入前に調べることはポイントです。

4,価格と用途

価格と用途で選択
蓄電池の容量により用途が違いますので、価格と性能のバランスを検討する必要があります。蓄電池に限らず、購入した品物の価値が自分の期待を上回れば財産ですが、下回れば浪費です。安い品物を買ってもトータル(長い目)で考えて使えなければムダになってしまいます。蓄電池も、使用して価値を生み出してくれて、払った金額を上回れば自分にとって最高のアイテムになります。蓄電池で安心と安全を備えることは財産に繋がります。

5,充電方法と時間

深夜電力がお得な時代。
蓄電池には蓄える電気を家庭用電源のみから得るもの、太陽光のみから得るもの、その両方から得るものなどがあります。日中に太陽光から電気を蓄え、夜に使用できればエコ発電でベストな状況になりますが、太陽光の設備が難しい場所もあるかと思います。その場合、安い深夜電力をお勧めします。東京電力の場合は時間帯別電灯というプランがあり、8~10時間は安い電力プランがあります。この時間帯に満充電ができることも蓄電池選びのポイントです。

6,寿命とリサイクル

再生ができるバッテリーがエコに繋がる
蓄電池は残念ながらいつまでも使用できるものではありません。使用する状況により充放電の回数によりに寿命は異なってきます。導入する時はある程度の目安は調べておいたほうがよいでしょう。バッテリーの種類はリチウムや鉛が多いです。鉛は再生は可能でリサイクル商品として活躍できます。現段階ではリチウムは特殊な場合を除き再生は難しいです。廃棄処分をすると環境によろしくありません。バッテリーが再生可能ということも選ぶポイントです。

7,非常時の使用と自然放電

UPS無停電電源装置が可能なタイプ
蓄電池は非常時に使用できるかが重要です。非常時で検討している方は倉庫などで放置しても自然放電がおこさないタイプであることも重要になります。常時使用する場合は、仮に災害などで電力会社からの電気供給がストップしても、UPS無停電電源装置にて自動で切り替わることが可能な蓄電池がよいでしょう。コンセントに繋いでおくだけで「停電の心配」がありません。

ENEBOXを選ぶポイント

理由1:耐久性(充放電回数)

期待寿命は10年以上を誇ります
自動車用バッテリーとは違い、非常用電源などに使用する場合は、長年の間放置されていても、いざというときには、最高性能を発揮できなければなりません。使用状況により異なりますが、10年以上の耐久性を誇ります。

理由2:AGM方式による安全性

バッテリーは実績のあるコンコルド社製
心臓部分バッテリはコンコルド社製です。コンコルド社は、多くの特許技術を開発、各種の特殊材料を採用。高度のテクノロジーとノウハウによりAGM方式を完成させ、航空機市場では、独占的シェアを獲得しております。

理由3:完全密閉性

有害ガスの発生はゼロに近い
バッテリー内部で発生する水素ガスは、使用サイクルの中で完全に水に還元しているので、バッテリー液は減ることはなく、しかも爆発もありません。水没してもバッテリー本体には影響はありません。更に、本体は驚異的な強度のフレームにて保護しております。

理由4:メンテナンスフリー

採用してるバッテリーはメンテナンスフリー
一般的にバッテリーはスターチィング用とディープサイクル用に用途が分かれます。エネボックスは長期的に使えるディ-プサイクル方式のメンテナンスフリーバッテリーを採用しておりますので基本的にメンテナンスは必要ありません.。

理由5:優れた本体性能

寒冷地でも安心バッテリー
本体の使用温度は-40~72℃と広範囲です。1ヶ月あたりの自己放電率は1%(25℃)なので安心して保管、ご使用頂けます。万一倒れた場合でも支障はありません。

理由6:出力波長と用途環境

高性能インバーター搭載により完全正弦波
出力波長は完全正弦波です。災害非常用、風力・太陽光発電用、家電、OA機器、生命維持装置およびUPS電源用として多くに使用できます。

理由7:環境重視のリサイクル

バッテリーは再生して使用可能
使用済のバッテリー廃棄処分ではなく、再生バッテリー(破損していない事が条件)として再利用できます。環境にも優しく処理コストも助かります。

お気軽に見積り(無料)・お問い合わせください。03−5540ー4372

LinkIconお問い合わせはこちら