TOP個人情報保護方針
蓄電池(家庭用)、家庭用蓄電池システムの株式会社フロンティアオーズ 03-5540-4370

yjimage.jpeg

蓄電池ENEBOX動画情報こちら
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > 事業のご案内 > アパート経営と太陽光発電

賃貸アパートのオーナー様へ

アパート経営+太陽光発電で電力を売却して収入を

RFNDRjQ1NTX0bA.jpgアパート(集合住宅)は太陽光発電システムの導入において、一般家庭で導入するよりもはるかに優れたメリットが多数あります。以下、それを紹介していきます。

◆大容量発電が可能な広さの屋根を活用
太陽光発電システムは設置するパネルの枚数で発電能力が変わります。つまり、できるだけ多くパネルを敷設する方が当然、発電量も大きくなるわけです。一般家庭の場合、その屋根の広さから大きくても4kW程度のシステム導入ですが、アパートのような集合住宅の場合には、10kWほどの大規模なシステムを導入できます。

◆発電した電力をほとんど売却できる
太陽光発電システムによって発電した電力は1kWあたり42円で電力会社に売却できます(2011年度)。一方で電力会社から電気を買う場合には1kWあたり24円程度の電気代がかかります。発電した電気を売る場合、「発電した電力-消費した電力=売電できる電力」となっています。そのため、効率よく電気を高く売るには、「消費した電力」をできるだけ小さくすることがポイントです。アパートに太陽光発電を設置するメリットで、一般家庭の場合は家庭で使う電力はエアコンなど発電している昼間かなり消費されているのに対し、アパートの場合、「共用部分」で使用している電気だけとなります。

◆個人と同様の補助金を受けることができる
通常、産業用として太陽光発電を設置する場合には、導入に関する補助金制度はありません(市町村単位では存在するケースがあります)。アパートへの一定容量以下の太陽光発電システム導入の場合には、一般家庭と同様に国の補助金制度を利用することができます。

◆税制上の優遇措置がある(損金算入の優遇措置がある)
事業として考えた場合には、「損金計上」できるというのも魅力です。太陽光発電システムについては「エネ革税制対象設備(エネルギー需給構造改革推進設備等)」が適用され、なんと導入価格の「100%の減価償却」が初年度に行えるのです。もちろん、一般償却も可能で、その場合は耐用年数にしたがって毎年減価償却費として費用計上できます。

※税制の適用条件等については税理士や税務署などにお尋ね下さい。

LinkIconお問い合わせはこちら

設置事例(賃貸アパート)

20110907111305_image1_90.jpg

LinkIconお問い合わせはこちら

太陽光発電システムで、エコに優しい賃貸アパート経営

20110907112201_image1_78.jpg

3タイプの比較

20110907112022_image1_26.jpg

オーナー様宅で活用

20110907112423_image1_24.jpg


太陽光発電シミュレーション:共用部で活用

20110907112543_image1_52.jpg


太陽光発電シミュレーション:各賃貸住戸で活用

20110907112652_image1_16.jpg

LinkIconお問い合わせはこちら



補助金制度について

住宅用太陽光発電システムの導入には、国や地方自治体からの充実した補助金制度が用意されています。
国の助成制度を活用した場合の購入価格試算例
4kWの太陽光発電システムをシステム価格60万円/kWで導入する場合

img_shisanrei.jpg

自治体の補助金制度

自治体独自の太陽光発電システム補助金制度を実施している場合があります。詳しくはお住まいの自治体にご確認ください。制度及び交付金額は変更される場合があります。

取り扱いメーカー

ソーラーフロンティア、ホンダ、長州産業、シャープ、東芝、三菱、カナディアンソーラー、サンテック、パナソニック、京セラ、スカイベースソーラーなど、多数のメーカ取り扱い中!
お客様のご自宅に最適なメーカーをご提案いたします。

LinkIconお問い合わせはこちら

ページの先頭へ